FAVORITES
お気に入り一覧
ただいまお気に入りの記事はありません。
アドミックエージェントは、あなたの転職に二人三脚で寄り添います。
メニュー
06-6282-7355 派遣のお仕事はこちら
転職お役立ち情報 > 就活で自己分析をする目的は?おすすめの自己分析のやり方紹介!

転職お役立ち情報

TIPS
2020.11.19

就活で自己分析をする目的は?おすすめの自己分析のやり方紹介!

新卒向け自己分析のやり方
就職活動を進めていくなかで欠かせないのが「自己分析」。自分の就職活動の方針を決めるためにも、非常に重要なものです。
本記事では「どうして自己分析をするの?」「具体的にどういうことをすればいいの?」という方に向けて、自己分析が必要な理由、どんな方法で自己分析をすればいいかなどを詳しく解説していきます。

1. そもそも「自己分析」って?

「自己分析」とは、自分の能力や性質を理解するために、これまでの経験や考え方を整理することを指します。
自分がどんな人間であるかを他者に説明するためには言語化が必要です。経験にまつわる思考や行動、感情の変化などを棚卸しして整理するイメージを持ってもらえるとわかりやすいでしょう。

たとえば、進学先や部活・ゼミ・研究室、アルバイトなど、なんらかの選択をする場面で、あなたは何を重視して決断してきましたか?
気持ちや感情が大きく揺さぶられ、喜びや悲しみ、悔しさを感じたときはどんな瞬間でしたか?
これまでの「自分の歴史」をひとつずつ振り返ってみましょう。自分は何に喜びを感じ、どういったことを基準に取捨選択しているのか、どのような考えに共感し、どれを軸にしてきたのか。すると、これまではっきりと意識していなかった「自分の性質」が見えてきます。
こうした自分の特徴を理解していくことが、自己分析の主な目的です。

2. どうして就活で「自己分析」が必要なの?

企業の採用担当者は「あなたがどんな人か?」を知りたくて、エントリーシート(ES)や面接を行います。
「自分はこういう人間です」とわかりやすく伝えるためには、まず「自分」について言語化しておく必要があります。

自己分析が必要な理由①
 選考に使える「自分の武器」を整理するため
企業の採用担当者は、その学生が企業の求める人材なのか、入社したときに活躍できる人物なのかを判断するために選考をおこないます。
そのため、過去の経験からどんな能力を持っているのか、どんな価値観や特性、思考を持っているのかなどを知りたがっています。
自分が「その企業で活躍出来る人物」かどうかを証明するためには、自己分析を通して自分の能力や価値観、思考などを明確にすること、そして的確に伝えることが必要です。
たとえば面接で「あなたの強みを教えてください」という質問をされたとき、それに答えるためには事前に自分の強みを把握し、それを証明できるエピソードをまとめておかなくてはなりません。
このように自分にまつわるエピソードを言語化し、相手に伝えられる状態にしておくことために、就活では自己分析が必要になってきます。

自己分析が必要な理由②
 活動の軸の整理のため
せっかく就活をがんばっても、入社した企業や仕事に対して不満や違和感を感じてしまうと、今度は転職などを考えなければならず、また就職活動を行わなければなりません。
それを回避するためにも、しっかりと自己分析を行い、自分の人生における仕事の位置づけや、仕事観を整理しておく必要があります。
自分はどういった業界や、職種でなら意欲的に働けるのか。どんな環境なら自分は活き活きと活躍できるのか。これらを知ることが、就活では非常に重要です。
また、エントリーシート(ES)や面接といった選考を通過するためには、自分がその会社で意欲を持って働けることや、活躍できるであろう理由をきちんと説明し、採用担当者を納得させなくてはなりません。
就職活動の軸を決め、きちんと整理しておくことは、選考通過にもつながることだと言えるでしょう。

3. モチベーショングラフを作成してみよう!

自分の人生を振り返ってみる「自分史」や、自分の経験・スキルの「棚卸し」など、自己分析のやり方にはいろいろな方法があります。
ここでは自己分析の手法として有効な「モチベーショングラフ」の作成方法について紹介いたします。

<STEP1>
モチベーショングラフは自分の今までの人生をグラフ化し、縦軸にモチベーション、横軸に年齢を置いたグラフになります。
グラフにモチベーションの起伏と、そのきっかけとなった出来事を書き込みましょう。
このとき「これは就活で役立つエピソードか?」「自分の強みや思考の分析になるのか?」などは考えず、日常のことを丁寧に思い出していくように心がけましょう。

モチベーショングラフ

<STEP2>
モチベーションと出来事を書き終えたら、モチベーションが変化した瞬間<ターニングポイント>について、詳しく見ていきます。
たとえば今回のグラフを見てみると、小学校の「親友と出会い」や大学で「仲の良い人たちに恵まれ」でモチベーションがあがっていますね。また、下がった瞬間には進学先が別々になったことによる「親友との別れ」が挙げられています。
おそらくこのグラフを書いた人は、人との関わりがモチベーションに関係してくることが見て取れます。
さらに、高校受験失敗から志望大学合格の流れを見ると、過去の失敗から学びを得て努力を続けられる部分が見えてきます。
このように、グラフで「見える化」することで、自分では気づかなかった価値観や特徴、強みに気づくことができるはずです。また、これらは面接の中での自己PRに活かせるなど、今後の面接の対策にも繋がります。

<STEP3>
ここまでくれば、あとは就活用に情報を2パターンにまとめていきましょう。

①モチベーションの高いエピソード同士、低いエピソード同士の共通点を探る
モチベーションの高低が同じものを並べ、順位をつけましょう。
これらを比較する中で、モチベーションの高い時期に共通する要素を見つけたり、1番目と2番目の違いに気付けるはずです。
たとえば今回のグラフだと「親友と出会ったこと」「大会で1位を取ったこと」「仲の良い友人たちに恵まれ志望大学へ合格」がモチベーションの高い出来事になりますね。このことから、「人と関わること」という共通点と、その次に「自身の努力によって結果を出したこと」がモチベーションの高まるポイントだと推測できます。
ここから就活の軸を作るとするなら、この人は「人と関わること」「結果を出すこと」がメインになると考えられます。このような価値観から逆引きすると、営業職などが当てはまるのではないでしょうか。

②モチベーションの高いエピソードと低いエピソードの比較
モチベーションの高低の差異から、自分のモチベーションの根源は何か、どうやってモチベーションを向上していったのか、という部分が明らかになるでしょう。
たとえば今回のグラフでは「高校受験失敗」から「志望大学合格」が最も高低差のあるモチベーションですね。
悔しさをバネに向上心を持って動く力などが見えてくるのではないでしょうか。


まずは紙とペンを用意して書いてみよう!
モチベーショングラフを使った自己分析を行うことで、ぼんやりとしていた自分の特徴や価値観を、より鮮明に認識できます。また、他者へ自分を説明するための言語化が出来るはずです。

まとめ

自己分析をもとに就活を進めていくことで、自分に本当に合った企業を見つけられたり、就活の途中で自分の活動方針に違和感を感じたり、迷いが生じることも少なくなります。
しかし、自己分析は一度やったからといってそこで終わりではありません。
自己満足の分析で終わらせず、分析をより深めることで、面接時の受け答えや選考対策となり、より役立つものになるでしょう。
そのためには、「他者の視点」を利用するのもひとつの方法です。
第三者に自己分析を見てもらい、自分では気付かなかった部分や、矛盾点を指摘してもらうことで、精度の高い自己分析が可能になります。

ADMIC AGENTでは、あなたの自己分析をお手伝いします。
そのほかにも「企業や業界ごとの選考対策」「エントリーシート(ES)や履歴書の添削」「模擬面接・面接対策」など、中途採用以外にも新卒・第二新卒の就活について幅広くサポートしております。
ぜひ、活用してみてくださいね。

無料就職支援サービスに申し込む

「OSAKA求職者支援コンソーシアム」新卒・第二新卒特集はこちら
OSAKA求職者支援コンソーシアム 関西×新卒・第2新卒特集